錆ツレ



カテゴリ:yoga( 8 )


invocation=inori

invocation
【名】
《コ》起動
《宗教》〔ミサなどの最初に神の加護を求める〕祈り

3年前にノブヨガに通っているころ。
ヨガをはじめるときに、この曲をよく使っていて。

いま聞いても、そのときの『しゃん』とした空気を思い出すのです。
自分を起動するスイッチ。



さて、明日もイイ一日をはじめるぞ。
[PR]
by sabiture | 2010-10-02 01:01 | yoga

チング。

韓国語で、チングは友達ということを韓国ドラマの見過ぎで覚えた。

今日は、ひさしぶりにどっぷりヨガさせてもらった。
ひさしぶりのノブちゃんのレッスンをひさしぶりのみほちゃんと。

一人で、ヨガっても最近は汗もかかなくなっていた。
自分への甘えだ。
レッスンでは、そんなこと言ってられない。
やめたいときに、やめられない。
つらくても、ふんばらないといけない。

最近の自分がそうだった。
できることなのに、ココマデの線をひいていたことに気づいた。

ノブちゃんのスムースな誘導と
隣でみほちゃんもがんばってることで、
自尊心が刺激された。

ノブチャンが「今日は、倒立をします」と言った。
え?倒立・・考えたこともない。できるのか?自分?
ビビった。

誘導されるままに、いっこづつ体を置いていった。

ら。

できた。

ノブちゃんが言った。
「謙虚にひとつづやっていけば、大丈夫」
「怖いって思っても、できちゃったら案外そうでもないもの」

「謙虚に」
そうだ。
忘れてた。
謙虚に丁寧に。

「怖い」
たしかに、できちゃったら怖いはなくなってる。

レッスンのたびに、何事にも通じる忘れてたことを思い出させられる。
ありがとう。

ヨガのちカレー。
f0171180_1971959.jpg

ヨガするといつも、カレーが食べたかった夢が叶った。
健康診断を控えた逆立チング・ミホちゃん、今度は一緒に食べよう!
[PR]
by sabiture | 2009-10-07 23:39 | yoga

めでぃてーしょん。

ノブヨガで学んだ。
メディテーション。
瞑想方法。

体中にバッって黒いツブツブをちりばめて。
ガッって左に寄らす。
焚き火に投げて、ツブツブを燃やす。

いらないコトも燃やしてみる。

火はやがて消えて、なくなった。

はずだったけど。
たまにくすぶってる。

燃えろぉの図。

f0171180_1251536.jpg

[PR]
by sabiture | 2009-09-08 01:27 | yoga

左よりなわたし。

f0171180_2342574.jpg

先日の(だいぶ前だけど)ヨガレッスンで、カラダのバランスをみつめる機会があった。
わたしは、だいぶ左寄りのようだ。
左に寄っているから、右側に負担がくるのか。

Nov.師匠が、きちんと立つことを教えてくれた。

正しい位置で、正しい力がいれらるようになると。

右足の痛みがとれた。

いまのわたしにとってヨガは、治療だ。
日々精進あるのみ。

みぽこ君の診断によると、左寄りの私だが、横顔はOKと。
惜しい。いまいちなカラダだ。

惜しいとは、いまの自分を表しているようだ。

あと一歩なんだよな。
こつこつやれることをやっていけば、大丈夫。

大丈夫。
まっすぐ立てるようになる。

しかし、その「○と↓」は、なにを示す?
笑。

また受けたいな濃厚なWS。
[PR]
by sabiture | 2009-05-22 23:54 | yoga

共に在った。

f0171180_16502057.jpg
2008年最後のヨガクラス。
今年の3月に始まり、ヨガを通してたくさんのことを学んだ。
よりかかること。
ひとりでふんばること。
息をすること。
あるがままを観ること・・・。
毎週木曜日は、その一週間をリセットするためだった。
うれしいことも、悲しいこともすべてを。
そのまま受け止めて、すくっと前を見て立ち上がる気持ちにしてくれた。

nov.ちゃん先生ありがとう。
みんなありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

一年の最後を感謝で終えられるなんて、しあわせ。
来年も、もっともっと。
ヨガと共に歩いていきたい。

f0171180_23454057.jpg



nov.ちゃんサンタから。
バナナ春巻き&リンゴ春巻きのおもてなし。
うまかった。
[PR]
by sabiture | 2008-12-26 16:52 | yoga

上空100mから物思いに老けた。

f0171180_17211097.jpgf0171180_17211869.jpg
f0171180_17212697.jpgf0171180_1721369.jpg
f0171180_17214398.jpg
田舎だけどココから見ると、わりと人の営みが密集している。人も車も小っちゃくて、その小さな世界で大きく思っていることがどうでもよくなれる。困ったら高所に上がろう。悩みは自分のカラダより大きくなり得無い、とナバホ族のおばちゃんも言ってた。アタマがブヨブヨしててダメだコレと思ってたけど。そっか。この高さでわかった。ヨガでいう、タダ観るということ。諦観。無料で老けていく前に、小さな世界でできることを考えよう。
f0171180_17215094.jpgf0171180_17215753.jpg

[PR]
by sabiture | 2008-12-15 17:39 | yoga

月光欲。

夕方から月が出ていて。
とてもきれいだったので。
どうしても月光が浴びたくなった。
おでかけした。

f0171180_14485614.jpg

その前に。
コシのあるうどんは、あたたかい方が良い。
これからの季節は、特にカレーうどん。
焼きうどんは、隠れた逸品とか。

f0171180_14533399.jpg

ごぉーっって。
波の音と一緒に。
ごぉーって。
毒を排出。
週末分も。
f0171180_14492857.jpgf0171180_1449364.jpgf0171180_1450967.jpgf0171180_14501644.jpg

f0171180_14513075.jpg

あったかいコーヒーをお供に。
またカラダに毒を盛る。
[PR]
by sabiture | 2008-10-13 10:13 | yoga

しんくろにしてぃ。

偶然の一致は、うれしいこともある。

たまたま借りたヨガの雑誌に、
先日訪れた高野山金剛峯寺が特集されていた。
f0171180_13295015.jpgf0171180_13293836.jpg

左が雑誌(中央部は内観)。右が錆フォト。
このお堂は、凄かった。朱色の外観も凄いが。
中には、ものすごく大きな仏像5体が曼荼羅の配置(上からみたならば)になっていた。大きさと装飾の美しさに圧倒されたのと、なんだか落ち着く感じで。しばらく、お堂からでられず焼香台の前で正座していた。そういうときは、なぜか人の往来がやむ。だから旅の中でもここは、印象にのこっていた。

彼女がこの雑誌を手にしていた瞬間に、自分がその場所に居たこと。
それを知らずにお互い同じ場について話していたこと。
同時発生の事実。
面白いつながりを感じる。

昨日のヨガは、シャバーサナにちょっとだけ変化があった。
宇宙と「つながる」感覚は、まだよく分からないけど。
ふふふ。

シャバーサナ=「屍」って名前、面白い。
死んでるってことは、自分がそこに存在してないわけで。
毎回ヨガの最後には、生きながらにして死ねてしまう。
上手くできればだけど。
レッスン途中にはチャイルドポーズというものもあるから、
一時間内に『一生』を体験できる。
じゃ、次の日には、生まれ変わってることになるのか。
ふーん。

もいっこ。新しい考え方にも気づけた。
「人は、自分がたどって来た過去というつながりの糸をつむぎながら後ろ向きに進んでいる。後ろは、見えないから怖いかもしれないけど。人間の敏感な感覚は、体の前面にあるから。自然に任せて。今は、その糸を一所懸命つないでいくしかない。そうすれば、太く長いつながりができるのだから」
と、Nov.先生。

なるほど。

柔軟なカラダとアタマをもっと磨いていきたいと思った。
[PR]
by sabiture | 2008-10-10 13:44 | yoga


錆は、徒然世は情け。錆好。作品と日常について。 いい錆ありましたらご連絡ください。               sabiture@excite.co.jp
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧